rozen-maiden
ローゼンメイデン オーベルテューレ

ローゼンメイデン結果一覧はコチラ

Rozen Maiden (ローゼンメイデン) Ouvertüre EP. 1-1

日記

(アニメ)翠星石(すいせいせき)ローゼンメイデン

ローゼンメイデンについての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/ローゼンメイデンの登場人物一覧より引用>

翠星石(すいせいせき)
声:桑谷夏子/水樹奈々
「ローゼンメイデン」シリーズの第3ドール。蒼星石の双子の姉。服装はオランダやベルギーの民族衣装の様な緑のロングスカートドレス。アニメではレース部分が多少省略されている。容姿は目の色が蒼星石同様オッドアイで、右目がルビー色、左目がエメラルド色。髪は床に届く程の茶色のロングへアで頭巾を被っている。

人の心に育つ「心の樹」を成長させる(心の樹に過剰に栄養を与えて腐らせ、その人の心の成長を妨げ記憶に縛り付ける事も可能)「庭師の如雨露(じょうろ)」を持つ(庭師の如雨露を持つことからファンの間では「庭師姉妹」等と呼ばれることもある)。人工精霊はスィドリーム。一人称は大抵「翠星石」。口癖は「まったく、…」、「…ですぅ」。罵詈雑言を「…ですぅ」で締め括るという、独特の言葉遣いをする。

今までは常に蒼星石と共にいたが、原作では一葉が自分の力を悪用しようとした為に助けを求めに、アニメでは元治の精神に回復が見込めない事に見かねて、1人で真紅の元にやって来た。
性格は、所謂ツンデレ。清楚で淑やかな容姿に合わず、かなりの毒舌家。更に人間嫌いでずる賢く高飛車な為、ジュンから「性悪人形」と呼ばれている。その癖、人見知りが激しく臆病でもあり、無神経な雛苺が癪に障るのか日常的にからかっているが、ジュンや他の姉妹への思いやりもあり根は善良。

喧嘩や争い事が嫌いで、姉妹同士が戦うアリスゲームも出来れば避けたいと思っており、蒼星石に「他の姉妹のローザミスティカを奪わなくてはならないなら自分はアリスになれなくても良い」と告げる等、彼女のアリスゲームに対する姿勢が伺える。
原作では水銀燈に追い詰められた時に、アニメでは薔薇水晶との初戦闘の際にジュンと契約。出会った当初は彼を毛嫌い、口喧嘩も多かったが、体を張ってドールを守ろうとする姿に惹かれる。だが、なかなか素直になれず、彼が真紅とばかり居る事に嫉妬する事も。

そのツンデレな性格からか意外にファンが多く、一部の人間からは『萌えキャラ』として認識されているようである。
のりからはお菓子作りを習っている。

戦闘法は、夢の世界に生えている『世界樹』の一部分や心の樹の枝を如雨露で操り、敵を束縛したり自身を防御するというもの。アニメでは如雨露を使い接近戦もこなせる。契約者がいない間はそれ程戦闘力は無かったが、それを得てからは薔薇水晶を捕らえる等、飛躍的に向上した。

アニメ第二期では、金糸雀を逃がす為に薔薇水晶と真っ向から勝負するが、敗れてローザミスティカを失ってしまう(一度、金糸雀が取り返したが、結局金糸雀のローザミスティカ共々奪われた)。しかし、最後には復活した。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35319479
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。